rss ログイン
旗旗  - BUND.JP

ユーザメニュー

テキスト系

メディア

情報交換・発信

サイト内全検索

オンライン状況

9 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 反戦カレンダー を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

トップリンク


おすすめ













市民派議員

衆議院議員/服部良一

千葉県議/吉川ひろし

成田市議/足立まちこ

柏市議/内田ひろき

門真市議/戸田ひさよし

カウンター


昨日 :
本日 :

FROM 2004/5/01

本日の予定

予定はありません
  予定の追加

当面の行動予定

予定はありません

反戦運動情報(リンク)

最近登録・更新された予定

アクション

(江戸川橋)「60年代」の思想をめぐって―合評『ニューレフト運動と市民社会』

年間表示月表示週表示一日表示予定一覧表示

予定表 -詳細情報-

件名 (江戸川橋)「60年代」の思想をめぐって―合評『ニューレフト運動と市民社会』
開始日時 2013年 9月 15日 (日曜日)   14時00分
終了日時 2013年 9月 15日 (日曜日)   17時00分
場所 ピープルズ・プラン研究所会議室
連絡先
詳細
「60年代」の思想をめぐって―合評『ニューレフト運動と市民社会』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今夏、安藤丈将著『ニューレフト運動と市民社会:「60年代」の思想のゆく
え』(世界思想社)が刊行された。同書は、「『日常性』の自己変革」を、日本における「1960年代」=ニューレフトの思想と位置づけ、その分析が主題となっている。とりわけ、分析の対象を60年代のみならず70年代以降にも広げ、現在につながる「ニューレフトの思想」の正負の遺産を明らかにしようとする。

 戦後研究会ではこれまで、「戦後」に関わる文献の読書会を重ねてきた。中でも「思想と運動」の問題は戦後研究会の中心的テーマであり、「60年代」も重大な焦点となってきた。そこで同書の合評会を企画した。
 著者をお招きするとともに、60年代とそれ以降の運動経験者にも問題提起者として加わっていただく。会場全体でも活発な議論を交わしたいと思っている。ぜひご参加を。

◎日時:2013年9月15日(日)13時30分開場、14時開始(17時終了予定)

◎場所:ピープルズ・プラン研究所会議室

◎参加費:500円

◎主催:戦後研究会(ピープルズ・プラン研究所内)

■発言:

安藤丈将(著者)

■コメンテーター:

松井隆志(戦後研究会)

■討論スターター(50音順):

天野恵一(戦後研究会)
国富建治(福島原発事故緊急会議)
白川真澄(『季刊ピープルズ・プラン』編集長)
平井玄(戦後研究会)
星埜恵(ピープルズ・プラン研究所事務局)
カテゴリー 関東地方の行動案内
投稿者 中野 由紀子
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2013年 9月 9日 (月曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
印刷する

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
 

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2013 XOOPS Cube Project Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.