rss ログイン
旗旗  - BUND.JP

ユーザメニュー

テキスト系

メディア

情報交換・発信

サイト内全検索

オンライン状況

12 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが 反戦カレンダー を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

トップリンク


おすすめ













市民派議員

衆議院議員/服部良一

千葉県議/吉川ひろし

成田市議/足立まちこ

柏市議/内田ひろき

門真市議/戸田ひさよし

カウンター


昨日 :
本日 :

FROM 2004/5/01

本日の予定

予定はありません
  予定の追加

当面の行動予定

予定はありません

反戦運動情報(リンク)

最近登録・更新された予定

アクション

(国立)ドキュメンタリー映画「キューバ・センチメンタル」上映&対談

年間表示月表示週表示一日表示予定一覧表示

予定表 -詳細情報-

件名 (国立)ドキュメンタリー映画「キューバ・センチメンタル」上映&対談
開始日時 2012年 7月 28日 (土曜日)   16時30分
終了日時 2012年 7月 28日 (土曜日)   18時30分
場所 キノ・キュッヘ
連絡先 para_kino9@m2.pbc.ne.jp
詳細
ドキュメンタリー映画「キューバ・センチメンタル」上映&対談

2012年7月28日(土)pm4:30(終了後、通常営業)
   7月29日(日)pm3:00&5:00
   ★pm5:00の会終了後、田沼幸子監督&太田昌国氏の対談有り
   7月30日(月)pm7:00(終了後、
pm10:00迄営業)

料金:¥1000(特にご予約は受け付けません。当日直接会
場にいらして下さい)

●7/29(日)対談終了後、懇親会がございます。(有料)

会場;キノ・キュッヘ
186ー0005 東京都国立市西2-11-32 B1
TEL.問合せ 042-577-5971
http://www1.pbc.ne.jp/users/kino9/
E-mail  para_kino9@m2.pbc.ne.jp

●ドキュメンタリー映画「キューバ・センチメンタル(Cuba Sentimental)」
(59分/カラー/DV/2010年・「2011年ゆふいん文化・記録映画祭松川賞受賞」
「2011年山形国際ドキュメンタリー映画祭参加」)
撮影・編集・監督:田沼幸子
編集助手:レオニード・ロペス
監修:市岡康子
音楽:Eduarsdo Martin
 日本から文化人類学の院生として調査のためにハバナに滞在した私(サチ)は、キューバ人の友人グループに出会った。私が長期調査を終え2004年に帰国したのち、彼らのほとんどがキューバを去った。
イギリス、スペイン、チリ、アメリカ合衆国―希望したからではなく、たまたまたどり着いた未知の土地へと。キューバで別れてから4年が過ぎ、私は彼らをいま住む場所に訪れ、撮影し、それをまた別の土地に住む共通の友人たちにみせながら旅をした。30代前半に移民した彼らは、そのうちのひとりが「実験」と呼ぶ母国の生活とはかなり異なる世界にそれなりに順応していた。しかし、それは静かだが深いショックを受けながらのことだ。それは、部外者が想像するような、異なる政治経済システムに対しての驚きではない。もっと感情的なもの―友人、家族、そして希望に関するものだ。

【Cuba Sentimental 監督・制作者プロフィール】     

田沼幸子
(キューバをフィールドとする人類学者。
 ドキュメンタリー映画監督)
主著に『ポスト・ユートピアの人類学』(石塚道子・冨山一郎と共編、人文書院、2008年)、『コンフリクトから問うーーその方法論的検討』(冨山一郎と共編、大阪大学出版会、2012年)がある。
映像の可能性にひかれ、科学研究費補助金「キューバからの越境における希望と実践の人類学的研究」(若手研究B)を受けて、2007年夏より撮影を開始する。同年9月に大阪大学GCOE「コンフリクトの人文学国際研究教育拠点」にてプロジェクト「映像作成による人文学の国際研究教育の可能性」を立ち上げ、民族誌映画やドキュメンタリーの上映会や映像作家の招聘をしつつ若手研究者と共同研究を行う。日本文化人類学会第42回研究大会では、分科会Rethinking “the Visual” を主催し、雑誌『コンフリクトの人文学』第2号では、同名の特集号を編集した。「クラ―西太平洋の遠洋航海者」(1971年)のディレクターとして知られる市岡康子氏に2007年秋に出会って以来、研究会でのレクチャーおよび制作映像に関する指導を受け、初の映像作品となる本作を完成する。

【対談者プロフィール】
太田昌国(編集者、ラテンアメリカ・南北問題研究)
 
 北海道釧路市に生まれる。東京外国語ロシア語学科卒業。卒業後メキシコへ行く。働き、放浪の旅をして、ラテンアメリカ各国で3年半を過ごす。帰国後、出版社「現代企画室」で企画・編集の仕事をして現在に至る。
 ボリビアの映画集団ウカマウの作品の自主上映・共同製作にも携わる。ラテンアメリカを軸とした独自の第三世界論を展開しながら、近年は日本の政治・社会・文化状況に鋭く切り込む意見を発表し続けている。
 主な著書に「鏡の中の帝国」「千の日と夜の記憶」「『ペルー人質事件』解読のための21章」「ゲバラを脱神話化する」「『拉致』異論」など。翻訳書に「髪の下僕かインディオの主人か」「ゲバラ コンゴ戦記1965」など

カテゴリー 関東地方の行動案内
投稿者 中野 由紀子
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2012年 7月 22日 (日曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
印刷する

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
 

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2013 XOOPS Cube Project Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.