rss ログイン
旗旗  - BUND.JP

ユーザメニュー

テキスト系

メディア

情報交換・発信

サイト内全検索

オンライン状況

10 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが 反戦カレンダー を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

トップリンク


おすすめ













市民派議員

衆議院議員/服部良一

千葉県議/吉川ひろし

成田市議/足立まちこ

柏市議/内田ひろき

門真市議/戸田ひさよし

カウンター


昨日 :
本日 :

FROM 2004/5/01

本日の予定

予定はありません
  予定の追加

当面の行動予定

予定はありません

反戦運動情報(リンク)

最近登録・更新された予定

アクション

(京都)河音琢郎講演会「政府による資源再配分のあるべき姿とは」

年間表示月表示週表示一日表示予定一覧表示

予定表 -詳細情報-

件名 (京都)河音琢郎講演会「政府による資源再配分のあるべき姿とは」
開始日時 2011年 12月 7日 (水曜日)   18時30分
終了日時 2011年 12月 7日 (水曜日)   20時00分
場所 立命館大学朱雀キャンパス B02・03会議室
連絡先 lt094022@ed.ritsumei.ac.jp
詳細 //////////////////////////////////////////////////

◆第58回不戦のつどい 連続講演会(3回目)

河音琢郎講演会

政府による資源再配分のあるべき姿とは

http://fusen-tsudoi-2011.tumblr.com/
//////////////////////////////////////////////////


連続講演会ビラ(表) 連続講演会ビラ(裏)

◎講師:河音琢郎 氏(立命館大学経済学部・経済学研究科教授)

◎日時:12月7日(水)18時30分~20時(開場18時。最大延長20時30分)

◎場所:立命館大学朱雀キャンパス B02・03会議室

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
講演趣旨:

近年、ワーキングプアや貧困、シングルマザー/ファザー、派遣労働者の問題など、経済格差の話題を耳にすることは多い。同時に、金銭的成功者の話題も欠くことはない。自由放任の経済社会では、富める者が富を独占し、貧者は底なしの困窮に苦しむこととなる。

政府による資源の再配分は、持続的な経済に必要不可欠のものである。日本は、中曽根政権以降の新自由主義的政策によって、政府による資源再配分機能を弱化させ続けてきた。経済格差や貧困の顕在化は、それら経済政策の帰結でもある。

貧困や経済格差は、途上国だけの問題ではない。OECDが2008年に出した統計では、ドイツやイタリアなどの貧困率が10%を超え、日本も14.9%でOECD中、第4位の貧困率となっている。貧困は先進国の問題でもあるのだ。

貧困率17.1%の米国を発端として、1%の富める者が富を独占していることに対し、再配分を求める運動がおこっている。本講演では、河音琢郎氏に現代日本において、資源の再配分はいかにあるべきかを話して頂く。

※詳細はコチラ
第58回不戦のつどいtumblr

カテゴリー 近畿地方の行動案内
投稿者 ゲスト
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2011年 11月 27日 (日曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
印刷する

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
 

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2013 XOOPS Cube Project Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.