rss ログイン
旗旗  - BUND.JP

ユーザメニュー

テキスト系

メディア

情報交換・発信

サイト内全検索

オンライン状況

13 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが 反戦カレンダー を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 13

トップリンク


おすすめ













市民派議員

衆議院議員/服部良一

千葉県議/吉川ひろし

成田市議/足立まちこ

柏市議/内田ひろき

門真市議/戸田ひさよし

カウンター


昨日 :
本日 :

FROM 2004/5/01

本日の予定

予定はありません
  予定の追加

当面の行動予定

予定はありません

反戦運動情報(リンク)

最近登録・更新された予定

アクション

(経産省前)福島の女たちに続け!全国の女たちが座り込む

年間表示月表示週表示一日表示予定一覧表示

予定表 -詳細情報-

件名 (経産省前)福島の女たちに続け!全国の女たちが座り込む
開始日時 2011年 10月 30日 (日曜日)   10時00分
終了日時 2011年 11月 5日 (土曜日)   15時00分
場所 霞が関、経産省前
連絡先 women_sit_in_owner@yahoogroups.jp
詳細 //////////////////////////////////////////////////

福島の女たちに続け!

「もう、黙ってはいられない!」

全国の女たちが立ち上がり そして、座りこむ!

http://d.hatena.ne.jp/onna_suwarikomi/
//////////////////////////////////////////////////



10月27-29日まで、福島の女たちが東京経産省前で座り込みに入ります。
http://onna100nin.seesaa.net/

福島の女たちによる座り込みに続いて、全国の女たちによる座り込みも行われます。前者は「福島の女たち」が前面に出る形での座り込みですが(県外の方はオープン参加とのこと)、後者は東京も含めた全国の女たちによるアクションとなります。現在、賛同者、参加者も募集中です。


<福島の女たちによる座り込み(撮影:グリーンピース)>

◆場所:霞が関、経産省前 
 東京都千代田区霞が関1丁目3-1

◆日時:2011年10月30日(日)~11月5日(土) (10-15時)
 ※参加者も募集中。お昼休みだけでも、1日でも、1週間の参加でもOK

*雨と寒さ対策、座りこみ用のシート・座布団などもお忘れなく
*連帯の熱い思いと、参加者のための交通費等カンパなどでの参加も大歓迎

-------------------------------------------
9月22日、ニューヨークの国連首脳会議で、野田総理が「世界一安全な原発をつくります」と宣言したその外で、「福島の子どもたちを守れないで、原発に安全を言うのは卑怯だ!福島の人々の苦しみを無駄にしないでください。世界の原発を止めてください!」と国連前でアピールをした女たち!帰りの飛行機のなかで、相談しました。
「福島の女たちに続いて、全国の女たちの座りこみをやろう!」

放射能線量が未だ高いにもかかわらず、政府は9月30日、福島第一原発事故を受けて指定していた「緊急時避難準備区域」を約5か月ぶりに解除しました。一方、10月3日には、日本チェルノブイリ連帯基金(JFC)と信州大学病院が、福島県内の子ども130人を対象に今夏行った健康調査で、10人(7.7%)の甲状腺機能に変化がみられ、経過観察が必要と診断されたことを報告しました。

「目に見えない放射能が飛び交う戦場に、子どもたちを置いていてはいけない!」「原発はもう真っ平!」と、 福島の女たちが立ち上がりました。その想いを受け止め、私たちも立ち上がりました。

☆すべての子どもたちに避難の権利を!
★全国の原発の再稼働を止め、安心してくらせる場所を!

日本中の、世界中の、女たちに呼びかけます!

-------------------------------------------
*賛同者を募ります。
*雨と寒さ対策、座りこみ用のシート・座布団などもお忘れなく
*連帯の熱い思いと、参加者のための交通費等カンパなどでの参加も大歓迎

*カンパ振込先:Shut泊
 ※ゆうちょ振替口座:02720-5-79991「女座り込み」と明記
 ※ゆうちょ銀行総合口座:
 ゆうちょ銀行から 19050-15998721 「女座り込み」
 他銀行から 908-908-1599872 「女座り込み」  

このことの連絡先は↓

泉かおり 090-2695-1937 Email: kaori-izumi@ta3.so-net.ne.jp
山口たか 090-6990-5447 Email: yamaguchi-jichi@topaz.plala.or.jp
谷田部裕子 090-9201-3642 携帯メール: najya-yuu@softbank.ne.jp

*賛同者を募ります。
賛同、参加希望者の方は、Email:women_sit_in_owner@yahoogroups.jp
に「女たちの座り込み」の題でメールを送信してください。

********************

このことの連絡先は↓

泉 かおり 090-2695-1937 kaori-izumi@ta3.so-net.ne.jp
山口 たか 090-6990-5447 yamaguchi-jichi@topaz.plala.or.jp
谷田部裕子 090-9201-3642 najya-yuu@softbank.ne.jp

********************

呼びかけ人(10月10日現在)

・泉かおり Shut泊、福島の子どもたちを守る会・北海道(北海道)
・山口たか 市民自治を創る会、福島の子どもたちを守る会・北海道(北海道)
・舩田クラーセンさやか 東京外語大学教員、
            福島乳幼児・妊婦避難プロジェクト(東京)
・満田夏花 国際環境NGO FoEジャパン(東京)
・アイリーン・美緒子・スミス グリーン・アクション(京都)
・谷田部裕子 ナージャのFukushima支援(茨城)
・米川正子 宇都宮大学教員、福島乳幼児・妊婦避難プロジェクト(栃木)

賛同人(10月10日現在)

・吉武輝子 作家、日本脱原発をめざす女たちの会 代表 
・鈴木かずえ 国際環境NGO グリーンピース・ジャパン(東京)
・島田清子 美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)(大阪) 
・渡辺瑛莉 国際環境NGO FoEジャパン(東京)
・吉田明子 国際環境NGO FoEジャパン(東京)
・阪本公美子 宇都宮大学国際学部教員、福島乳幼児・妊婦避難プロジェクト(栃木)
・安斎由希子 有機農業者(北海道余市町)
・常田益代 北海道大学名誉教授(北海道) 
・小林芳子 「プルサーマルを知ろう」後志住民ネットワーク(北海道共和町)
・徳永理彩 恵泉女学園大学、東京外国語大学非常勤講師(東京)
・石丸初美 玄海原発プルサーマル裁判の会(佐賀)
・上野白湖 非戦いぶり(北海道壮瞥町)
・松浦雅代 原発がこわい女たちの会(和歌山)
・戸倉由紀枝 STOP!浜岡原発(静岡)
・小木曽茂子 さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト(新潟)
・山口泰子 ふぇみん婦人民主クラブ
・木村 結  脱原発・東電株主運動

(以下、氏名のみで失礼します。)
堀田千栄子、小倉菜穂子、富塚とも子、岡本満喜子、小林俊子、水上さえ、
石神博子、谷百合子、大野朋子、松本絵里

********************

<参考>毎日新聞 特集ワイド:女たちの脱原発 座り込み集会ルポ
(毎日新聞 2011年11月2日 東京夕刊)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20111102dde012040025000c.html

 ◇除染、除染というより、早く子どもの疎開を

「早く子どもたちを避難させて」。東京電力福島第1原発事故から7カ月余り。政府の緩慢な動きに業を煮やした福島県の女性たちが上京し、座り込みによる訴えかけを始めた。それを知った全国の女性たちも後に続き、賛同人にはあの大女優の名前も。女たちの脱原発--その胸にあふれる思いを聞いた。【浦松丈二】

 ◇自然に近い健康野菜、一転「危ない」と…
 ◇住めない新築、加害者の賠償案なんて
 ◇被災地からの訴え 息長い支援が課題

10月27日午前、東京都千代田区の経済産業省前に福島県の女性約70人が集まった。原発反対を意味する黄色い服装が目立つ。福島県の女性たちが3日間、さらに、それを支援する全国の環境団体などが5日までの7日間、連続10日間の座り込み集会の始まりだ。

「子どもたちを7カ月以上も放射能の海の中に放置したまま。母として女として命を未来につないでいく母性が許さない。私たちはこの思いを3日間に込めて座り込みたいと思います」。企画した福島県の女性有志による「原発いらない福島の女たち」の世話人、佐藤幸子さん(53)があいさつに立った。

佐藤さんは5児の母。福島県川俣町で被災し、すぐに転校できない中高生2人を残して山形県に避難した。農業を営む夫は、安全な農地を求めて岡山県へ。事故で一家離散の憂き目に遭っている。

「福島の女性が主催し、経産省前で直接行動に出るのは初めて。しがらみの残る田舎から出てきて声を上げることが、女性にとってどれだけ大変か。政府は重く受け止めてほしい」と佐藤さん。

この日、参加者らは、原発行政を管轄する経産省の担当者に要請書を手渡した。▽全原発の即時停止と廃炉▽原発を再稼働しないこと▽子どもたちの即時避難・疎開と完全補償▽地元を補助金漬けにして自立を妨げる電源3法の廃止--の4項目。11日までの文書回答を求めた。

だが、担当者は「原発への依存度を、中長期的に可能な限り引き下げていくというのが政府見解。放射線量の高い場所では除染に努めたい」と繰り返すだけ。福島市の元養護教諭、佐藤早苗さんが「除染している時は周囲の放射線量が高くなるので、先に妊婦や子どもたちを避難させてから作業をしてほしい」と訴えたが、回答はなかった。

「国は除染、除染というけれど……」。懸命に除染をしても、大雨で山から土砂が流れ出ると線量が元に戻ってしまう。まずは「子どもたちを疎開させてほしい」というのが参加者の総意だ。交渉の末、翌日、官邸に場所を移し首相補佐官に要請書を手渡した。

 ■

座り込み2日目。関西電力が経産省原子力安全・保安院に対して大飯原発3号機(福井県おおい町)の安全評価(ストレステスト)を提出し、全国に先駆けて再稼働に向けた手続きが始まった。フクシマを置き去りにして全国の原発で「安全確認」のシナリオがじわりと進行する。

保安院が入る同省別館前で抗議していた宮城県角田市の農家、杉山仁子さん(51)は「露地ものが健康な野菜だとされていたのに、事故後はハウスものが安全ということになってしまった。自然に近ければ近いほど危ないということに、価値観が180度変わった。生き方まで否定されたような気持ちです」と嘆く。

自然に近い農業を実践してきた。福島第1原発から約60キロ。事故後、屋外で飼っていたニワトリのタマゴから微量の放射線が検出された。屋内飼育に変えて検出されなくなったが、養鶏も、農業自体もやめようかと思い悩んでいる。

「消費者は、政府に頼らず自ら安全かどうかを判断する材料を必要としている。食品添加物のように放射線量を表示して売らねばならない時代になってしまった……」

杉山さんら8世帯はカンパを募り放射線測定器を共同購入。今月下旬、一般市民も利用できる低料金の測定室をオープンさせるという。

 ■

座り込み最終日。参加者たちは都心の銀座やJR東京駅周辺をデモ行進した。

福島県大熊町から会津若松市に避難している大賀あや子さん(38)は、東電本店前で涙が止まらなくなった。福島第1原発から約8キロの場所に35年ローンで自宅を新築したばかりだった。「新居には地元の材木を使い、屋根にソーラーパネルを乗せ、庭に井戸も掘った。ヤギを飼ってチーズを作るのは私の担当。自然の中で子どもを授かり、育てていきたかった……」

「住めない家」のローンが重くのしかかる。「再出発にお金が必要だけれど、加害者が勝手に作った賠償案なんて受け入れられない」と憤る。

3日間の座り込みには福島県から延べ200人以上、県外から延べ2000人以上が参加した。北海道、大阪、広島、和歌山、富山など国内各地、ニューヨークやロサンゼルスでも福島の女性と連帯する集会が開かれた。

一方、今月23日に発足集会を開く「脱原発をめざす女たちの会」は、評論家の吉武輝子さんや精神科医の香山リカさん、漫画家の倉田真由美さんらが呼びかけ「子どもたちに安全な地球を残すため、エネルギー政策の転換、脱原発の実現」を目指す。賛同人には女優の吉永小百合さん、竹下景子さんらも名を連ねる。

「女たちの会」の呼びかけ人の一人、田中優子・法政大学社会学部教授は「女性、母親が一番心配するのは子どものことでしょう。除染にしても、避難にしても、目の前の問題に対応しなければならないから、女性の活動は具体的なのです」と解説する。

「私たちの会は個人の活動を通じて知り合った人たちが連絡を取り合ってできたものです。吉永さんもライフワークとして原爆詩の朗読に取り組んでいます。皆、誰かに言われて参加しているわけではありません」

吉永さんはドラマ「夢千代日記」で胎内被爆した女性を演じたことから原爆詩を朗読するようになった。7月31日には広島市での日本母親大会で「日本のような地震の多い国では原発はなくなってほしい」と発言。その姿勢は一貫している。

田中教授は言う。「水俣の公害問題でも被害者が上京して訴えたことで運動が広がった。東北の被災地から出てきて座り込むのは大変なこと。どう息長くサポートしていくか。それが課題でしょう」

 ■

福島の女性たちの座り込み集会が終わり、全国の女性に引き継がれた。再会を誓って抱き合い、記念撮影をする参加者たち。

「うさぎ追いし、かのやーまー……」

「故郷(ふるさと)」を口ずさむ声がどこからか聞こえてきた。

カテゴリー 関東地方の行動案内
投稿者 草加耕助
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2011年 11月 2日 (水曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
印刷する

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
 

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2013 XOOPS Cube Project Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.