rss ログイン
旗旗  - BUND.JP

ユーザメニュー

テキスト系

メディア

情報交換・発信

サイト内全検索

オンライン状況

10 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 反戦カレンダー を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

トップリンク


おすすめ













市民派議員

衆議院議員/服部良一

千葉県議/吉川ひろし

成田市議/足立まちこ

柏市議/内田ひろき

門真市議/戸田ひさよし

カウンター


昨日 :
本日 :

FROM 2004/5/01

本日の予定

予定はありません
  予定の追加

当面の行動予定

予定はありません

反戦運動情報(リンク)

最近登録・更新された予定

アクション

(明治公園)Be-In Tokyo

年間表示月表示週表示一日表示予定一覧表示

予定表 -詳細情報-

件名 (明治公園)Be-In Tokyo
開始日時 2011年 9月 11日 (日曜日)   12時00分
終了日時 2011年 9月 11日 (日曜日)   21時00分
場所 明治公園
連絡先 sakino@be-in-tokyo.net
詳細
今年も広島に落とされた原爆の残り火でピースマークを作ります。

2011 9/11 正午~21:00 Ent.FREE Gathering 
@明治公園 JR千駄ヶ谷・銀座線外苑前7分 JR原宿駅竹下口10分
日本を変える“今”にキャンドルでご参加ください。

公式サイト:http://www.be-in-tokyo.net/index.html

ーーーーーーーーーーーー
地震、津波、でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りし、遺されたご家族の方々の悲しみに、こころよりお悔やみを申し上げます。

また福島の皆さん。いわれなき苦しみを背負われていらっしゃること、拠って立つ母なる大地を、誤った文明の方向性によってその一部を汚されてしまったやるせなさを、できるかぎり共有しその解決のためにともにあゆみたいと願っています。

福島は、広島、長崎と同じく放射線被災地です。しかし今、広島、長崎はしっかり復興しています。子どもたちの笑顔も今はそこにあります。だから必ず復興できます !そのことをともに信じてこの難局を乗りこえましょう。

移住のご選択も、希望を捨てることではありません。今を乗り越え再び福島に子どもたちの笑顔が戻る日を待つための通過点です。東京、関東からの避難移住者もたくさん居ます。みんな気持ちは同じです。

奇しくもその震災からちょうど半年。BE-IN は今年も911(日曜)に開催します。開催地である都心の明治公園には各方面からの多様な、しかし想いは同じ仲間達のエネルギーが集まります。

脱原発、エネルギーシフト、東北、広島、長崎へのいのり。
パレード、トーク、音楽、パフォーマンス、ライブペインティング、
そして日没後は原爆の残り火によるピースキャンドル。

BE-INが、テーマに「相剰効果」を掲げて3年目
いのちを見つめるピースキャンドルを灯してちょうど10年

そのピースマークがラッセル・アインシュタインにより核廃絶の標として誕生して53年
原爆の残り火が灯しつづけられて66年

NO NUKES ONE LOVE

大地がくれたメッセージ、おおきな犠牲を伴って伝えられた大自然の意思を、今、私たちは子どもたちと未来のために、敬意と、鎮魂と、愛の心で正面から受け止めたいと思います。

東北・福島・広島・長崎の声が、日本、世界を変えた時、失われた御霊たちは、7世代後の子どもたちのために、真に輝きます。

自然生命の綾織りに生かされていることに気づきながら、愛を全面開花しよう

ーーーーーーーーーーーー
Be-In って?

アメリカでベトナム戦争反対の声が高まっていた1967年。
「コンサートでもなく、政治集会でもなく、想いを持った人々は集まろう!」ヒッピー雑誌の編集者アラン・コーエンが、人々へ呼びかけ、3万人もの人が集まった事件がBE-IN の始まりである。その後、BE-INは全米各地に広がりを見せ、やがて”LOVE & PEACE”を合言葉に、世界中へと伝播していった。これがBe-Inです。2001年9月11日、ニューヨークで約3000人もの人々が一瞬に犠牲となった同時多発テロ、これをキッカケに破壊には破壊の報復の連鎖が始まり、アメリカ軍をはじめとする多国籍軍のアフガン、イラクへの侵攻、多くの一般市民が傷つき続けています。
 何故?こんな事件が起こってしまったのだろう
同時多発テロの翌2002年9月11日、共に生きる世界を求める人たちによって、BE-IN実行委員会が設立され、以来、毎年9月11日に近い日曜日に、東京の明治公園で平和を求めてBe-Inは開催されています。

BE-IN は、テロと戦争の犠牲者への追悼のため、911本の花を配りながら明治通りを行進するフラワーパワーパレード、そして広島の原爆の残り火で灯したロウソクで巨大なピースマークを描き、核兵器廃絶と平和への願いを世界中へピースキャンドルセレモニーとして発信するなどしています。

作家のミヒャエル・エンデは、現代文明の現状をダーウィンの弱肉強食説を経済生活に適用させた現代資本主義制度が、環境破壊や経済格差・差別を引き起こしているとし、「大人が、子ども達に引き起こしている戦争」だと言いました。
3.11以降の動きを見ていると見事に符合するように感じます。
子ども達に平和な世の中を手渡す為、世界の現実を知り、学び、共に生きる自由で自然な世界を求めて、ARTやTALK、音楽など、時代を担う者達一人一人の行動を通して、BE-INという場が世の中を少しづつ変えていくきっかけとなればと願います。

カテゴリー 関東地方の行動案内
投稿者 草加耕助
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2011年 8月 29日 (月曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
印刷する

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
 

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2013 XOOPS Cube Project Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.