rss ログイン
旗旗  - BUND.JP

ユーザメニュー

テキスト系

メディア

情報交換・発信

サイト内全検索

オンライン状況

15 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 反戦カレンダー を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 15

トップリンク


おすすめ













市民派議員

衆議院議員/服部良一

千葉県議/吉川ひろし

成田市議/足立まちこ

柏市議/内田ひろき

門真市議/戸田ひさよし

カウンター


昨日 :
本日 :

FROM 2004/5/01

本日の予定

予定はありません
  予定の追加

当面の行動予定

反戦運動情報(リンク)

最近登録・更新された予定

アクション

(日比谷)日本「主権回復の日」記念式典 抗議集会

年間表示月表示週表示一日表示予定一覧表示

予定表 -詳細情報-

件名 (日比谷)日本「主権回復の日」記念式典 抗議集会
開始日時 2013年 4月 28日 (日曜日)   11時00分
終了日時 2013年 4月 28日 (日曜日)   13時00分
場所 日比谷図書文化館・大ホール
連絡先 hankach@jca.apc.org
詳細 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

日本「主権回復の日」記念式典

抗議集会

=4・28は沖縄が切り捨てられた屈辱と憤りの日だ=

http://www.jca.apc.org/HHK/2012/428aseemblyindex.html
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

主催:沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック



◆日時:4月28日(日)午前11時~ 集会後、デモ行進

◆場所:日比谷図書文化館・大ホール
 東京都千代田区日比谷公園1番4号(旧・都立日比谷図書館)
 http://bund.jp/modules/gnavi/index.php?lid=60

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
1952年4月28日、サンフランス平和条約が発効、日本は国際法的に「主権」を回復した。

しかし、同時にこの日から沖縄は同条約第3条に基づき、アメリカの施政権下に組み込まれた。沖縄人にとって「日本政府が沖縄を切り捨てアメリカ軍に売り渡した日」である。61年後の、現在の沖縄が抱える戦後苦難の歴史は、すべてこの日から始まったのだ。

米国の言うがままの属国に成り下がっている日本が、「主権回復」とはチャンチャラおかしい。少なくとも沖縄に関して「主権」というならば、61年間沖縄を踏みしだいてきた”土足”をどけてから言うべきだ。

オスプレイの強行配備、高江のオスプレイパット建設、辺野古の埋め立て申請等々、次から次へと抑圧してくる政府、沖縄は呻吟している。
沖縄では式典と同日同時刻から抗議する県民大会が開催されます。首都圏でも多くの皆さんが結集されるよう呼びかけます。



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
沖縄:「屈辱の日」と反発 4.28に政府記念式典検討
毎日新聞 2013年03月08日

 1952年4月28日にサンフランシスコ講和条約が発効し日本が独立を回復したことを記念し、安倍晋三首相は今年4月28日に政府主催の式典開催を検討していることを表明した。だが、講和条約発効で日本から切り離された沖縄では、この日は「屈辱の日」とも呼ばれる。2月に沖縄県を訪問した安倍首相は沖縄との信頼関係再構築を強調したが、沖縄では不信感が募る一方だ。

 「サンフランシスコ講和条約が発効して7年にわたる長い占領期間を終え、わが国は主権を完全に回復した。つまり、独立を手に入れたわけだ」

 安倍首相は7日の衆院予算委員会で、野田毅氏(自民)にこう答弁。「若い方々には、長い占領期間があったことを知らない人も増えている。60年前に独立したことをしっかりと認識する。わが国の未来を切り開く決意を確固たるものにするため、本年4月28日に政府主催の記念式典を実施する方向で検討している」と表明した。自民党は昨年の衆院選政策集に「4月28日を『主権回復の日』として祝う式典」を政府主催で開くと盛り込んでいた。

 だが、講和条約発効で沖縄と奄美は本土から切り離され、米国統治が合法化された。奄美が日本に復帰したのは53年12月25日、沖縄は72年5月15日だった。

 「4・28」を巡る沖縄県民の心情を、比屋根照夫・琉球大名誉教授(政治思想史)は「沖縄戦で多大な犠牲を強いられた上に、沖縄はこの日に切り捨てられた。沖縄の戦後の苦難の歴史の原点とも言える日。祝う気持ちになれるはずがない」と説明。その上で「もし式典を開くのならば『屈辱の日』と呼ばれる沖縄の歴史も同時に伝えるべきだ。祝うだけの式典では、沖縄との信頼関係は根底から崩れる」と話した。

 米空軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)の騒音被害を訴える嘉手納爆音訴訟3次訴訟団は、あえて2年前の4月28日に提訴した。平良真知事務局長(62)は「その日に沖縄の米軍基地の固定化が決まり、被害が今も続く。沖縄での『4・28』の位置付けは本土の意識の対極にある」と憤りを隠さなかった。

 米軍の弾圧に抵抗し、戦後沖縄革新勢力のシンボルだった元那覇市長、瀬長亀次郎(故人)の次女、内村千尋さん(68)は「オスプレイの押し付けなどで本土から今も置き去りにされたままと思っている沖縄からすれば『4.28』を祝うという発想自体が理解できない」と困惑した。

 サイパンの捕虜収容所で生まれ、家族とともに戦後沖縄に戻った社民党の照屋寛徳衆院議員(沖縄2区)は条約発効の日、6歳だった。式典を巡る動きに「びっくりした。『屈辱の日』に記念式典を開くなんてあまりにもふざけているし、絶対許せない」と憤った。

 その上で「安倍首相は衆院選で『日本を取り戻す』と言っていたが、その取り戻す日本の中に沖縄は含まれていないことが明らかになった。まさに沖縄への構造的差別の表れだ」と話した。



カテゴリー 関東地方の行動案内
投稿者 ゲスト
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2013年 4月 14日 (日曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
印刷する

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
 

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2013 XOOPS Cube Project Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.