やれるもんならやってみろ(怒)!田中防衛相、辺野古新基地に「年内着工」と言及

投稿日時 2012-01-15 20:29:21 | カテゴリ: ニューストピック

田中防衛相は「踏み込み過ぎ」…年内着工に言及(2012/1/15 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120115-OYT1T00488.htm

 田中防衛相は15日のNHK番組で、沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設について「着工が年内にできるかどうか、当面の手順になっている」と述べ、移設工事の年内着工に言及した。

(中略)防衛省は、県に昨年末提出した移設を巡る環境影響評価書を、知事の意見書提示後に一部修正したうえで、6月をメドに埋め立て申請を行う考えだ。ただ、県外移設を主張する県側の説得を慎重に進めるため、政府は着工目標時期の発言を控えていた。政府内では、田中氏の発言について「繊細な交渉が必要とされる時期に踏み込み過ぎだ」(外務省幹部)と、沖縄の反発を懸念する声が出ている。

---------------
普天間移設:「理解得て年内着工」田中防衛相が言及(2012/1/15 毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20120116k0000m010046000c.html

(前略)政府は6月にも移設先の同県名護市辺野古周辺の公有水面埋め立てを県側に申請する方針だが、埋め立ての許認可権を持つ仲井真弘多知事は「県外移設」を求める姿勢を崩していない。田中氏は「週が明けたら知事に電話する。国会の開会前にお会いして、顔合わせ、心合わせ、力合わせができるよう努力していく」と述べ、24日の通常国会召集前に仲井真知事と会談したい意向も示した。

 また、田中氏は「これが先に進まなければ米国も修正を迫られる」と述べ、日米両政府間で合意した在日米軍再編計画全体の見直しにつながりかねないとの認識も示した。

---------------
田中防衛相「年内にできるかどうか」=普天間移設で着工時期言及(2012/01/15 時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012011500090

(前略)これに関し、防衛省幹部は同日、「年内着工を想定していることはない」と否定した。しかし、沖縄県が政府の環境影響評価書に対する意見書づくりを進めている中で、防衛相が着工時期に言及したことは、沖縄側の反発を招きそうだ。
 
 一方、防衛相は「週が明けたら、こちらから(沖縄県の仲井真弘多)知事に電話する。国会の開会前にお会いして、顔合わせ、心合わせ、そして最終的には力合わせができるように努力していく」と述べ、24日の通常国会召集前に知事と会談したいとの意向を示した。「沖縄県民の皆さんが納得してご理解いただけなければ、物事が進まない」とも語った。

---------------
普天間移設で「年内着工」に言及 防衛相、沖縄の反発も
http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012011501001133.html

(前略)政府要人が代替施設の着工時期に言及したのは初めて。県民の理解を前提にしているものの、時期を明示したことで県側の反発が強まりそうだ(後略)

-
日本は沖縄の自己決定権を踏みにじるな!新たな基地はつくらせない!
1.21首相官邸ど真ん前デモへ

-




旗旗にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://bund.xsrv.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://bund.xsrv.jp/modules/news/index.php?page=article&storyid=297