rss ログイン
旗旗  - BUND.JP

ユーザメニュー

テキスト系

メディア

情報交換・発信

サイト内全検索

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュースとお知らせ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 23

twitter

トップリンク

小説・三里塚

小説・三里塚 戦後最大の住民闘争、三里塚。実在の開拓農家をモデルに、敗戦、開拓、闘争と、その波乱の道のりを感動で描く。

市東さんの農地取り上げに反対する会

市東さんの農地取り上げに反対する会 親子3代90年も耕してきた農地を、違法に取り上げる動きを見過ごすことができません。

結衣ちゃんは革命家

結衣ちゃんは革命家 誰でも遊べるブラウザゲーム。ヒロインの声は声優さんによるフルボイス。君はエンディングを見ることができるか?

mixi 三里塚勝手連

三里塚勝手連 当コミュは三里塚闘争に共感し、様々な形で農民を応援していきたいと考えている有志の集まりです。

戦旗派コレクション

戦旗派コレクション 20世紀、1970~80年代を駆け抜けた「戦旗派」の写真集。かつての同志たちへ、そして……。

過激派への100の質問

現役活動家時代に一般の方からよく聞かれた質問、100問100答集。過激派FAQ。

今週の予定

予定はありません

カウンター


昨日 :
本日 :

FROM 2004/5/01

ニュースとお知らせ

ニュースとお知らせ

2週間信用されず「じゃ逮捕して」そして犯人に-千葉県警

ニューストピック : 2週間信用されず「じゃ逮捕して」そして犯人に-千葉県警
投稿者 : 草加耕助 投稿日時: 2012-01-20 09:41:47 (1163 ヒット)

とりわけ「証拠不充分」という灰色処分のまま、「私はやってない」と繰り返しながら他界された被害者のおばあさまには、本当になんと言っていいかわかりません。こんな残酷なことがあるかと思います。

「理解は得られた」なんてまるで「迷惑かけたが解決した」とでも言わんばかりの発想でいるうちは、千葉県警は同じことを何度でも繰り返すでしょう。一生背負っていけ!常に思い出せ!後世に伝え続けろ!ということです。今回逮捕された「真犯人」についても、一審の結果を見るまで、もはや千葉県警の言うことは信用できません。これは他人事ではありません。明日、いえ今日にもあなたの身におこることかもしれません。それは普段の行いとかそういう問題ではなく、単に確率の問題にすぎないのです。

救援ノートを読もう(救援連絡センター)
違法な職質「問題ない」なんて言っている場合か?(ブログ旗旗)

----------------------
流山のパート社員殺人:特命捜査班の初成果 県警幹部、誤認逮捕に後悔の念(毎日新聞 2012年1月19日 地方版)
http://mainichi.jp/area/chiba/news/20120119ddlk12040147000c.html

…(前略)「本日、真犯人を逮捕しました。当時誤って逮捕された方々および関係者の皆様に心からおわび申し上げます」--。宮内博文捜査1課長と横田正夫流山署長は会見の冒頭で約5秒間頭を下げた。逮捕会見としては極めて異例の展開だった。

 捜査本部は当時、田島さんがパジャマ姿で争った形跡がなかったことなどから顔見知りの犯行とみて捜査。田島さんと同居の祖母(当時80歳)から「自供が得られた」として、祖母と当時20代だった姉夫婦の計3人を殺人容疑で逮捕した。だが、3人はその後「十分な証拠がない」として不起訴になった。…(中略)…

 田島さんの祖母は事件解決を知らされぬまま、10年に亡くなった。県警は姉夫婦や田島さんの親族に逮捕を報告し謝罪。「捜査結果などを説明し一定の理解は得られた」という

----------------------
2週間信用されず「じゃ逮捕して」そして犯人に(読売新聞 2012年1月19日)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120119-OYT1T00151.htm

…(前略)義兄によると、家族は早期解決のため捜査に協力。田島さんと同居していた当時80歳の祖母は足が悪かったが、県警は「面倒みますよ」と連れて行き、事情聴取を重ねたという。そこで「自白」が生まれ、「私たちへの取り調べが厳しくなった」。

 深夜に及ぶ任意聴取が約2週間続き、祖母が自白したと捜査員に言われた。「狭い部屋で『やったんだろう』と言われ続けると、本当にやった気になってくる。『やった』と言ったほうが楽になれるとさえ思った」。信用されず、「じゃ逮捕してくれ」と投げやりに言ったら、犯行を認めたと受け取られて捜査員が慌ただしく動き、その日のうちに殺人容疑で逮捕されたという。

 逮捕後の聴取で、知らないことは説明できず、怒る捜査員に「現場に行ってないのだから説明のしようがない」と正直に言うと、「じゃあ、何で『やった』と言ったんだ」とどなられた。その後、弁護士がついて祖母は否認に転じ、3人は釈放され、不起訴となった。「真実がやっとわかったという安堵(あんど)もあるが、警察への不信は今もある」

 田島さんの母(66)も「いつか汚名はそそがれると信じて生きてきた。ストーリーをでっちあげ、家族を誤認逮捕した警察は許せない」。祖母はすでに他界したが、生前「私はやってない」と繰り返していたという。

0コメント

印刷用ページ このニュースを友達に送る

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
 

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2013 XOOPS Cube Project Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.