rss ログイン
旗旗  - BUND.JP

ユーザメニュー

テキスト系

メディア

情報交換・発信

サイト内全検索

オンライン状況

12 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュースとお知らせ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

twitter

トップリンク

小説・三里塚

小説・三里塚 戦後最大の住民闘争、三里塚。実在の開拓農家をモデルに、敗戦、開拓、闘争と、その波乱の道のりを感動で描く。

市東さんの農地取り上げに反対する会

市東さんの農地取り上げに反対する会 親子3代90年も耕してきた農地を、違法に取り上げる動きを見過ごすことができません。

結衣ちゃんは革命家

結衣ちゃんは革命家 誰でも遊べるブラウザゲーム。ヒロインの声は声優さんによるフルボイス。君はエンディングを見ることができるか?

mixi 三里塚勝手連

三里塚勝手連 当コミュは三里塚闘争に共感し、様々な形で農民を応援していきたいと考えている有志の集まりです。

戦旗派コレクション

戦旗派コレクション 20世紀、1970~80年代を駆け抜けた「戦旗派」の写真集。かつての同志たちへ、そして……。

過激派への100の質問

現役活動家時代に一般の方からよく聞かれた質問、100問100答集。過激派FAQ。

今週の予定

予定はありません

カウンター


昨日 :
本日 :

FROM 2004/5/01

ニュースとお知らせ

ニュースとお知らせ

ニュースとお知らせ

  
投稿者 : 草加耕助 投稿日時: 2013-02-04 09:01:54 (41956 ヒット)

レイシストをしばき隊 隊員募集
http://kdxn.tumblr.com/post/41861067184

 日時:2012年2月9日(土) 午後

当日、新社会運動主催、在特会協賛で以下のようなデモが行われます。
http://calendar.zaitokukai.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=142

このデモ自体は放置します。しかし彼らの場合、デモ終了後に近隣の店(特に外国人経営店舗)や通行人に暴言を吐いたりいやがらせをしたり、ときには暴行を働く場合があります。「しばき隊」の目的は、彼らがデモ終了後にそうした行動に出た場合にいちはやく止めに入ることです。

しばき隊という名前ですが、しばきたいだけです。実際にはあくまで非暴力でお願いします。したがって武器等の携行もご遠慮ください(トラメガ等は持ってると便利な場合もあるかも)。

カウンター・デモでも抗議行動でもありません。プラカード等は不要です。

ご希望の方は以下までメールをいただければ、集合場所・時間等の詳細をお伝えします。

nomayas@gmail.com

※上の写真は2009年年末の新大久保で、韓国料理店の看板が道路にハミ出しているとインネンをつけている在特会。このとき止めているのは私ひとりで、あと制服警官が傍観しているだけという感じでした。こちらの人数が少ないといろいろ厳しいものがあります。

---(ここまで転載)-------------------

Forces of Oppression About(野間易通さんブログ)より転載
http://kdxn.tumblr.com/
http://twitter.com/kdxn

<参考>
レイシズム(人種差別主義)(wikipedia)
国連人種差別撤廃委員会の日本政府への勧告全文(ブログ旗旗)


投稿者 : 草加耕助 投稿日時: 2013-01-11 22:39:07 (1272 ヒット)

政府、来月にも辺野古埋め立て申請(2013年1月11日沖縄タイムス)
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-01-11_43784

 政府が、2月で調整する安倍晋三首相の米国訪問に先立ち、同月中にも米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた公有水面埋め立て承認を仲井真弘多知事に申請する方向で検討していることが10日、分かった。政府関係者が明らかにした。首相は普天間問題の停滞を民主党政権による外交失政と批判しており、移設手続きを進めることで問題解決への取り組み姿勢をオバマ米政権にアピールしたい考え。

 ただ、仲井真知事は県外移設の姿勢を崩しておらず、稲嶺進名護市長も受け入れに反対している。衆院選で県外を主張する4人を当選させた自民党県連と辺野古を堅持する同党本部との「ねじれ」の解消に向けた協議はスタートもしていない。

 さらに、普天間への垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの強行配備や米兵による事件・事故で日米両政府への批判が高まる中、辺野古移設の理解を得られないまま申請に踏み切れば、さらに反発を招くのは必至。普天間問題がよりこじれ、沖縄と両政府の溝が決定的になる可能性もある。

 政府側は首相に先立ち、岸田文雄外相が今月18日から訪米しクリントン国務長官と会談する。首相は岸田氏の帰国後、米側の意向を踏まえ申請時期を最終判断する方針だ。

 仮に申請された後は、公有水面埋立法に基づき、埋め立て許可権限を持つ仲井真知事が埋め立ての可否を判断する。仲井真知事は申請から1年以内をめどに、事業計画、環境影響評価(アセスメント)をチェック・評価し承認するかどうかの結論を出す意向で、地元の名護市長の意見も参考とする考えも示している。

 一方で、政府側は沖縄振興策の充実などで地元の理解を得たい考え。官邸主導で普天間移設を推進するため、沖縄側との窓口役の責任者を菅義偉官房長官とする方針を決めた。

 防衛省は昨年12月、辺野古移設に向けたアセスメントの補正評価書を県に提出し、同月27日から公告・縦覧に入ったことでアセス手続きは事実上終了。政府による埋め立て申請時期が焦点となっている。

副知事「あり得ない」
 与世田兼稔副知事の話 「県としては基本的に普天間飛行場の移設は県外の方が早いし、望ましいと考えている。県外移設を訴えて当選した自民党国会議員や自民党県連ときちんと調整するという手順を踏まないまま、政府が米国へのお土産という形で、埋め立てを申請することはあり得ない」。

続きを読む | 残り1004字 |0コメント

投稿者 : 草加耕助 投稿日時: 2012-12-25 21:27:33 (1479 ヒット)

牛久入管収容所問題を考える会:入国管理センター収容の外国人の人権と健康守れ
−−活動報告会
(毎日新聞:茨木地方版2012年12月03日)
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20121203ddlk08040043000c.html

「牛久入管収容所問題を考える会」(田中喜美子代表)は2日、今年の活動報告会をつくば市内で開いた。東日本入国管理センター(牛久市)に収容されている外国人約380人(10月末現在)の人権や健康を守り、仮放免者も含めて支援する活動を粘り強く続けることを確認した。

 仮放免中の外国人を含む75人が参加。会員の金木暁さんが会員による同センターでの面会が延べ約5000人に上ると報告。「人権や健康を奪う強制収容を廃止し、仮放免者に生活のための就労許可、国連基準による難民認定をゴールにしたい」と語った。

 関東弁護士会連合会外国人の人権救済委員会副委員長の指宿昭一弁護士が講演。7月施行された在留カード制度について「仮放免者は対象外で、無権利で国民健康保険に入れないなど不利益がある」と指摘。「難民や経済的基盤がないなどさまざまな理由で帰国できない外国人には即刻、在留特別許可を与えるべきだ」と強調した。更に「在留特別許可を勝ち取る運動を推し進める必要がある。面会すること自体が大きな運動」と述べ「考える会」の実践を評価した。

 また、クルド難民の子ども7人が日本での難民の現状を演劇にして熱演し、拍手を浴びた。
‐‐‐
牛久入管収容所問題を考える会Webサイト
ブログ:編む夢日記
12月最初の日曜日は「牛久の会」活動報告会へ!(ときわ列車さんの日記)
牛久の会年次活動報告会告知(反戦カレンダー)
たこくせき☆クリスマス・パーティ(画像アルバム)
‐‐‐

0コメント

投稿者 : 草加耕助 投稿日時: 2012-12-25 20:21:20 (3024 ヒット)

訃報:中沢啓治さん73歳=漫画「はだしのゲン」の作者(毎日新聞2012年12月25日)
http://mainichi.jp/select/news/20121225k0000e040099000c.html

 広島原爆で被爆した体験を基に描いた漫画「はだしのゲン」の作者、中沢啓治(なかざわ・けいじ)さんが19日、肺がんのため広島市内の病院で亡くなったことが分かった。73歳。葬儀は近親者で営まれた。

 広島市の神崎国民学校(現・市立神崎小学校)1年の時、爆心から1.2キロにあった学校の前で被爆した。塀の陰にいたため、奇跡的に助かった。父と姉、弟は自宅の下敷きになって被爆死した。

 中学を卒業して看板屋で働いた後、漫画家になるため1961年に上京した。当初は原爆と無関係の作品を描いていたが、被爆者だった母親が66年に死去し、火葬した際に骨が粉々で原形をとどめなかったことをきっかけに、原爆への怒りを込めた作品「黒い雨にうたれて」を68年に発表。73年、週刊少年ジャンプ(集英社)で「はだしのゲン」の連載を始め、87年に完結させた。単行本は1000万部を超え、十数カ国で翻訳出版されたほか、映画にもなった。

 プロ野球・広島東洋カープの大ファンで、「広島カープ誕生物語」を描き上げたのを最後に09年、網膜症と白内障による視力低下を理由に漫画家を引退した。その後は精力的に講演などで被爆体験を語ってきたが、10年秋に肺がんで入院し、以降は入退院を繰り返していた。

 11年8月、自身の被爆体験を語ったドキュメンタリー映画「はだしのゲンが見たヒロシマ」が公開された。毎年8月6日にある広島市の平和記念式典は「つらい体験を思い出す」と長年避けてきたが、11年の式典に初めて出席した。

 02年、第14回谷本清平和賞を受賞。毎日新聞が06年10月から続けている記録報道「ヒバクシャ」でも、反核・平和への思いを繰り返し語っていた。

続きを読む | 残り396字 |0コメント

投稿者 : 草加耕助 投稿日時: 2012-12-04 02:00:55 (2556 ヒット)

ネット署名にご協力を!
「区役所の差別的な対応を改善し、野宿者との真摯な話し合いによる解決を」

ネット署名のアドレス→http://chn.ge/TxMEpl

江東区竪川河川敷公園では公園の再開発に伴い、10年以上も前からそこに住んでいた野宿者たちを江東区は一方的に排除し続けています。今年2度目の代執行まであと間近となった現在、江東区の野宿者排除をなんとしてもやめさせるために、

1)野宿者への差別的な態度の改善し、2)当事者との真摯な話し合いを行うこと

を江東区に求める要望書へ、皆様のご賛同をお願い申し上げます。
また、今回の要望書は以下の方に呼びかけ人になってもらっています。

池田浩士(日本寄せ場学会、京都大学名誉教授)/石橋新一(連帯労働者組合)/稲葉剛(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい代表理事)/市田良彦(神戸大学)/稲葉奈々子(茨城大学教員)/上杉崇子(弁護士)/鵜飼哲(大学教員)/太田昌国(編集者・評論家)/小田原紀雄(日本キリスト教団羽生伝道所牧師)/小泉義之(立命館大学)/高祖岩三郎/酒井隆史(大阪府立大学)/櫻田和也(大阪市立大学)/笹沼弘志 (静岡大学教授(憲法専攻)・野宿者のための静岡パトロール事務局長)/渋谷望(日本女子大教員)/田中聡史(都立特別支援学校教員)/土屋トカチ(映画監督)/戸舘圭之(弁護士)/友常勉(東京外語大学)/平野敏夫(ひらの亀戸ひまわり診療所理事長)/廣瀬純(龍谷大学)/藤田進(日本寄せ場学会)/松沢哲成 (日本寄せ場学会、元東京女子大学教授)/松原明(映像作家)/安田浩一(ジャーナリスト)/山中幸男(救援連絡センター事務局長)/山本志都(弁護士)/吉水岳彦(僧侶、ひとさじの会事務局長)/部落解放同盟東京都連合会/部落開放同盟東京都連合会江東支部/山谷労働者福祉会館活動委員会

賛同していただける方は本ページの署名か、下記の連絡先までその旨ご連絡ください。
なお、賛同してくださった方はお名前はブログやビラなどで公開する予定でござます。

Email: tatekawasando@yahoo.co.jp
郵 送: 東京都台東区日本堤1-25-11山谷労働者福祉会館気付
F A X: 03-3876-7073

↓以下、要望書の内容です


投稿者 : yukiko 投稿日時: 2012-11-27 23:40:25 (1160 ヒット)

【緊急】竪川河川公園代執行施行に対する防衛のお願い

現地への結集をお願いいたします


みなさま

昨日、11月26日9時すぎ、竪川河川敷公園に、江東区役所、城東警察署、総勢40名でやってきて、小屋に行政代執行令書を持ってきました。

代執行令書によると、代執行期間は12月3~7日。(許しがたいことに、この期間はちょうど人権週間(12月4~10日)に当たります)

ついに代執行の最終段階です。

代執行の際には、前回2/8同様、問答無用の暴力が行使されることが予想され、最も人々の結集と警戒が必要となります。 特に、代執行に乗じて公園封鎖やロックアウトなども考えられます。 ぜひとも、この期間に現地への結集をお願いいたします。 (竪川現地は運動の場である以前に、野宿の仲間たちの生活の場です。お越しいただける方はその点、何卒ご留意下さい。)

なお、今週もまだまだ公園封鎖などを警戒しています。

また、昨日は副堤に引っ越した仲間の小屋に対しても警告書貼付が行われました。
私たちはこの警告書の法的根拠や他の地域住民の占拠物件との取り扱いの違いなどを、口頭でも公開質問状でも尋ねていますが、これについて一切回答なく、回答のない理由についてもまったく答えませんでした。

この副堤の小屋についても、代執行の際、機に乗じた暴力が行使される可能性があります。多くのみなさまの力で防衛していきたいと思っています。

引き続き、ご注目よろしくお願いいたします。

0コメント

投稿者 : 草加耕助 投稿日時: 2012-11-26 01:49:29 (761 ヒット)

2012衆院選ちば 脱原発 託せるのは「裏切らない政治望む」
http://bit.ly/UU1oOL(東京2012年11月23日)

 「前回の衆院選では、野田さんのビラ配りを手伝ったのに、裏切られた思いだ」。衆院解散後初の日曜となった十八日、野田佳彦首相の地元・船橋市薬円台地区であった脱原発デモの群衆に、こう話す市内の男性会社員(51)の姿があった。

 男性は二〇〇九年の衆院選当時、政権に就く前の野田氏を自分たちと同じ目線に立っていると感じていた。「書いていることは命がけで実行する。書かれていないことはやらない」とマニフェストの実行を約束する姿は頼もしく見え「大丈夫だと思った」と信頼した。普段は通信工事会社に勤め、政治に関わってきたわけではないが、初めてのビラ配りは「ここで政権が変わらなくては」との思いからだった。

 でも今の首相は「財界とべったり」と憤りを見せる。デモは原発問題が起き、「子どものことを考え、後に悔いを残したくないという義務感から行くようになった」と言う。「市民目線の、裏切らない政治を望みたい」。男性はこう願いながら野田首相の地元事務所前などを歩いた。

 この日は百人以上がプラカードやのぼり旗を掲げて行進し、太鼓やかねの音とともに気勢を上げた。「子どもを守れ」「未来を守れ」。首相の事務所や自宅前に差しかかると、叫び声がひときわ熱を帯びる。

 デモは、首相が関西電力大飯原発(福井県)の再稼働を表明した直後の六月十六日に初めて行われ、七、九月に続き四回目。市民ネットワーク・ふなばしなどの呼び掛けでできた市民団体「原発さよなら千葉」が主催する。

 ネットで開催を知り、都内から参加した男性(44)は一九九六年から一年半、福島第一原発で働いていた。福島県双葉町で生まれ、原発のそばで育った。「チェルノブイリの事故もあり、いつか福島も爆発を起こすのではと妻とも話していた」。震災で何人も友人が亡くなった。助かった人も強制避難を余儀なくされ、両親は鹿児島にいる。「正直、今までは選挙には行っていなかった。今回はよく考えて投票したい」

 デモに参加する人はさまざまだが、脱原発でつながっている。船橋市の女性会社員(57)は「脱原発は譲れない。自民から民主になって、少しは良くなるかと思っていたが…。よりましな人を選んでいくしかない」。脱原発を掲げるのは中小政党が多く、反対の民意が生かされるか不安が残るという。
-------------
「原発さよなら千葉」HPへ行く ◇反戦カレンダーでの告知内容を見る

0コメント

投稿者 : yukiko 投稿日時: 2012-11-25 01:16:23 (743 ヒット)

10月17日に急逝された若松孝二監督に安吾賞が贈られます。

【若松孝二監督に安吾賞】
http://www.wakamatsukoji.org/blog/2012/11/post_209.html

 昨日、新潟市の発表にあったように、この度、若松孝二監督に、安吾賞が贈られる。

 これは生前から決まっていた事で、9月に受賞の知らせを聞いた監督が、
「文学的でない僕に、安吾賞って不思議だなあ。でも、堕落論だろ。戦後のあの時代に、あんな事言って世の中をあっと驚かせた安吾さんの賞を、もらえるなんて、嬉しいね」
と子どもみたいな笑顔を浮かべていたのを思い出す。

 戦後、それまでの価値観が崩壊した中で、理性と理屈で良いと考えてた諸々から全て崩れ落ちて、そこから出発だ、と考えた坂口安吾。

 方や、もとヤクザ、拘置所に半年、といった前歴を持ち「時間は守る」「掃除をする」「ご飯を残さない」「うどんをよそう時は小皿を鍋の縁より下に」……などなど挙げたらキリがないほど、小さな一つ一つを大切に誠実にやることを重んじて、地道な積み重ねを続けて来た若松孝二。

 逆といえば逆だし、何か通じるといえば通じるのだ。

 いずれにしても、監督は、「素直に嬉しいよ。安吾賞受賞のお祝いと僕の喜寿祝い、一緒にやろうか。いや、まずは家でモツパーテーするか」等々楽しい事をあれこれ考えて、心弾ませていた。

 その楽しい瞬間を思い出し、監督は、どこまでもシンプルで、それ以上でもそれ以下でもないところを実にそのままさらけ出していたなあ、と思い返し、だからこそ、監督の背中を見つめ続けていた井浦新がさらに満島真之介が、ああして、多摩映画祭でも監督の事を、嬉しそうに、大切そうに、話しをするのだろうと改めて思うのである。

 安吾賞の都内での発表式は12月20日。
監督と関わりも深く、新作『千年の愉楽』でも礼如役として若松組の要の存在感を発揮した佐野史郎が登壇する。

(『若松孝二公式ブログ 最新作速報』より)
http://www.wakamatsukoji.org/blog/2012/11/post_209.html


◆若松 孝二(わかまつ・こうじ)1936年4月1日、宮城県生まれ。地元の高校を中退後に上京。職を転々とし、テレビ映画の助監督を経て、63年にピンク映画「甘い罠」で監督デビュー。65年、独立プロ「若松プロダクション」を設立。2008年の「実録・連合赤軍あさま山荘への道程」でベルリン国際映画祭最優秀アジア賞などを獲得。10年の「キャタピラー」は、主演の寺島しのぶが同映画祭の銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞。


●「旗旗」の反戦動画集にも、監督の「キャタピラー CATERPILLAR」の予告編がアップしてあります。
http://bund.jp/modules/x_movie/x_movie_view.php?cid=7&lid=207

0コメント

投稿者 : yukiko 投稿日時: 2012-11-05 18:53:40 (1017 ヒット)

「被ばく労働を考えるネットワーク」設立集会開催のお知らせ

 福島第一原発ではこれまでにない高被曝環境で収束作業が行われており、労働者はわずか1年の間に、全国の原発での3年分に相当する被曝をしています。また、多量の放射性物質が広範囲に撒き散らされた地域での除染作業は、従来の原発労働とも異なる特異な被曝労働環境になっています。
これまで、被曝労働問題に取り組む労働団体は決して多くありませんでした
が、今こそ、原発労働者や除染労働者を始めとするさまざまな被曝環境にある労働者を支援し、その問題に取り組む主体が求められています。
 そのような問題意識のもと、さまざまな労働団体や社会運動団体に関わる者たちが協力し、被曝労働に関する運動を協働して進める取り組みを昨年より開始し、この度「被ばく労働を考えるネットワーク」の設立に至りました。
 別紙の内容で設立集会を開催致しますので、ぜひご参加と取材のほどをお願い致します。

【日時】 2012年11月9日(金)18:30~20:30
【場所】 江東区亀戸文化センター(カメリアプラザ)5階
     第1、2会議室
 東京都江東区亀戸2-19-1(JR総武線、東武亀戸線「亀戸駅」下車徒歩2分)
 地図http://www.kcf.or.jp/kameido/kameido_map.html

【問い合わせ先】
被ばく労働を考えるネットワーク
〒111 東京都台東区日本堤1-25-11 山谷労働者福祉会館気付
電話:090-6477-9358(中村) e-mail:info@hibakurodo.net
URL:http://www.hibakurodo.net

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 なすび <nasubi@jca.apc.org>; 山谷労働者福祉会館 活動委員会
 〒111 東京都台東区日本堤 1-25-11 電話・FAX:03-3876-7073
 山谷労働者福祉会館 http://www.jca.apc.org/nojukusha/san-ya
「持たざる者」の国際連帯行動 http://www.jca.apc.org/nojukusha/have-nots/
 被ばく労働を考えるネットワーク http://www.jca.apc.org/hibakurodo
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(転載、転送・転載歓迎)

0コメント

投稿者 : 草加耕助 投稿日時: 2012-10-31 07:57:07 (3587 ヒット)

成田空港:反対派の小屋、10年ぶり強制撤去へ(毎日2012年10月30日)
http://mainichi.jp/select/news/20121030k0000m040089000c.html

 成田空港近くの千葉県芝山町にある三里塚・芝山連合空港反対同盟熱田派の横堀団結小屋について、千葉地裁八日市場支部は29日、11月27日までに小屋から退去して土地を明け渡すよう催告した。熱田派は応じない方針で、同支部は同28日に強制執行する見通し。住人がいる反対派の建物が撤去されれば10年ぶりとなる。

 小屋は71年に反対派支援の大学生らの拠点として建てられた。00年に地権者の男性が撤去と土地の明け渡しを求めて提訴。東京高裁は今年4月、最高裁の判決を待たずに小屋を撤去できる仮執行を認めていた。

 88年から小屋に住む支援者の男性(63)は「空港反対潰しの一環。明け渡すつもりはなく、断固闘う」と話している。

---
成田、反対派の建物強制撤去へ(デイリースポーツ2012年10月30日)
http://www.daily.co.jp/society/national/2012/10/29/0005489426.shtml

 成田空港そばにある三里塚・芝山連合空港反対同盟熱田派の横堀団結小屋(千葉県芝山町)が、11月に強制撤去されることが29日、空港関係者らへの取材で分かった。

 千葉地裁八日市場支部が同日、居住者の男性と熱田派に退去と土地の明け渡しを催告し、11月28日に強制執行すると通知した。

 空港関係者によると、人が住んでいる反対派の建物撤去は2002年11月以来10年ぶり。空港周辺には、今も数カ所の団結小屋があり、反対派の支援者が暮らしている。

 横堀団結小屋は、地権者男性の父親が反対運動のために提供した約500平方メートルの土地に、1971年に建設された。

 横堀団結小屋破壊を許すな! 緊急行動へ

---
<参考>
横堀・団結小屋破壊を許さない!5.20三里塚・横堀現地集会とデモ(写真報告)
大地共有委員会2(熱田派反対同盟サイト)
デモ隊(農家便り)


(1) 2 3 4 ... 31 »
 

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2013 XOOPS Cube Project Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.