rss ログイン
旗旗・旧サイト跡地  - http://bund.jp/ ←へお回りください

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

主体性論

トップ  >  主体性論

主体性論


サブカテゴリー

共産主義的主体と党風(第一主体性論文)
革共同(中核・カクマル)や日本共産党に顕著な、いわゆるセクト主義や前衛ショウヴィニズム克服の問題を論じています。もちろん中国や北朝鮮の人民抑圧の現実にまだまだ無知であったという批判は成り立つでしょうが、ここで論じられている内容を考察することは、今日でも充分な意義があると思います。
左翼運動のスターリン主義的歪曲を克服せよ
これまでのスターリン主義批判の諸系列が整理されるとともに、その核心は理論的な批判やのりこえに求めることはできず、その政策・思想・政治の反人民的、官僚専制的内実、すなわち近代ブルジョアイデオロギーヘの屈服の克服として、自己絶対化やブルジョア的尊大さを排し人民の解放に貢献しうる主体、そうした政治の展開にこそ求められるべきであることを明らかにしたものです。

 

Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project Distributed by XOOPS Cube 2.2 Distribution Team.